.png

 

―多様な生き物がつくる水源の森の永久保全をめざします―

奥山保全トラストとは

かつて日本の奥地には、多種多様な生物にあふれる鬱蒼(うっそう)とした巨木の入らずの森が広がっていました。この森から湧き出る滋養豊かな水は、あらゆる生き物の生命を育み、農業、林業、漁業、工業、全ての産業と都市の水源を支えてきました。

私たちの祖先が「奥山」として大切に守ってきたその森は、戦後数十年の間に、道路や観光開発、スギ・ヒノキの拡大造林などのためにその多くが破壊されました。

近年、世界的な水不足を背景に、残された日本の水源地の森を海外の資本が取得するという憂うべき事態も発生しています。

奥山保全トラストは、今、わずかに残る「奥山」の豊かな森を、市民から集めた寄附金で買い取るナショナル・トラスト運動によって保全しようと設立された自然保護団体です。

《奥山保全トラストの事業》

① 原生的な森林の購入や保全

② 野生動植物の生態調査や研究

③ 環境教育・環境保全に携わる人材の育成

2017年3月13日岐阜県白川郷で自然林43haを取得!

 ここをクリック!

.jpg

 

私たちの活動をご支援ください

頂いたご寄附、会費は、トラスト地の買い取り、保全に大切に使わせていただきます。

 ☆クレジットカード( logo_visa.jpglogo_mastercard.gifもご利用できるようになりました!

 
 会員ボタン寄附ボタン