東栄町トラスト地、初めての山での作業と役場表敬訪問

2020年誕生したばかりの東栄町トラスト地。地元の協力者である日本熊森協会愛知県支部の支部長平子恵美さんより、さっそく同トラスト地における活動のご報告をいただきました。

********************************************

今年、奥山保全トラストさんが愛知県初のトラスト地を、北設楽郡東栄町に56.68ha取得されました。

東栄町は愛知県の北東部に位置し、700年続く「花祭」と呼ばれる霜月神楽の伝統芸能が残る自然と文化が豊かな町です。花祭は国の重要無形民俗文化財に指定されているので、祭りの時期になると全国から多くの方が町に訪れます。

購入された山地は天竜川の源流域にあります。静岡県の佐久間トラスト地から20㎞しか離れておらず、いつかトラスト地同士を繋げることができたら、と夢が広がりました。

地元の方のご協力に感謝

最初から県内にフィールドを持ちたいと思っていましたので、積極的に山間部に足を運び、活動の説明をしながら少しずつ地元の方との繋がりを作ってきました。その中で知り合った方が今回の山の情報をくださいました。

トラスト地として取得された場所は、以前、電力会社が購入する計画もあったのだそうです。紆余曲折を経てご縁が舞い込んできたことは本当に運が良かったと思っています。

9月に購入が正式に決まり、10月2日に愛知県庁で記者会見を行い、朝日新聞さんに記事を書いてもらうこともできました。

 

トラスト地初めての活動は急斜面での作業

先日11月末に、初めて支部の皆さんとトラスト地の見学会を兼ねて山の作業をしてきました。

現地は自然林が約60%、人工林・地肌露出地帯が各5%ずつで、残り約20%の皆伐跡地には元の山主さん時代に、森林組合さんの研修のため4200本の広葉樹が植樹されており、天然更新も始まっていました。

今回は、植樹された際に取り付けられた防護ネット外しを行いました。

8年たって成長した木がネットに食い込み始めていたので、このままでは育っていきません。見る限り鹿の食害もほとんど無さそうなので、外して様子を見ようということになりました。

ただ、急斜面に植えられたネットを外すのは至難の業。人海戦術で今回外せたネットは73本。先は長いですが、できるところは自分たちで、もちろんプロの力も借りながら、作業を通じて山の様子を知っていこうと思っています。

ネット外し作業をするボランティアさんたち

作業の後に集合写真

 

東栄町役場を表敬訪問、地域の方々との繋がりも大切に

東栄町とご縁ができたことで、地域の方との繋がりも増えました。先日は、峰野県会議員と東栄町役場をご訪問させていただき、町長、副町長、町議の方々にご挨拶をさせていただくことができました。トラスト地訪問の帰りは東栄町の温泉で一休みして、というプランも楽しいかもしれません。今後、山間部と都市部を繋いでいくこともやっていきながら、地元の方にも喜んでいただけるようなお付き合いができたら、と思っています。

役場訪問
左から伊藤芳孝町議、村上孝治町長、平子、峰野修県議、原田安生町議、伊藤克明副町長

 

トラスト地をきっかけに、愛知県の地元企業や他団体とも連携を取り、同じ志の人と繋がりを作りながら、愛知県でも生物多様性豊かな森を少しでも多く次世代に残していけたらと思っています。

紅葉真っ盛り!第6回トラスト地ツアーを開催しました!

11月8日、岐阜県本巣市根尾越波トラスト地(2018年、2019年取得)に皆様をご案内しました。スタッフも含め総勢16名の参加、コロナ感染防止の観点から、宿泊や大型バスの利用をやめ、現地集合現地解散の日帰りツアーとなりましたが、紅葉や地元の方々との交流を楽しみ、充実した1日となりました。

 越波村の集会所にて

この山を当財団に譲ってくれた松葉五郎さんが住む越波村集落の集会所を借り、お話を聞きながら、地元の方々や参加者の皆様と交流させていただきました。

米田真理子理事長のあいさつに続き、松葉さんのお話、その後、当財団を力強く応援くださっている白鳥哲監督にお言葉をいただきました。

松葉さんは「ずっと広葉樹のおかげで生きてこれた」と語ってくださいました。戦後、生活が困窮したなか、クリをお米と交換した話や、サワグルミで下駄を作った話など、広葉樹によって家族が生きることができ、ご自身がどれほど自然の恵みに感謝してきたか、お話しくださいました。また当時町からは、たくさん山を持っているからスギ、ヒノキを植林をするように言われたこともあったのですが、「広葉樹は大切だ」と植林をすることなく、信念を貫かれたとのこと。最後は「この山を世界遺産の白神山地のようになるまで守っていってほしい」と締めくくられました。

白鳥監督は「松葉さん、よくこの広葉樹林を守ってくださいました」と力強くお話されました。今、世界中で水不足の現象が起こっている。世の中が「お金、お金」と、経済優先で動いているが、生命を育む水源がいかに大切か。目先の”お金”にとらわれることなく、水源の森を守ってこられた松葉さんに感謝の言葉を述べられました。

 

日本熊森協会岐阜県支部の方々が昼食をご用意くださいました。無農薬の玄米おにぎりや菊芋の煮物、白和え、伊達巻き、瓜のお漬物、焼きリンゴやごまのケーキなど、手作りの心温まるお料理をいただきながら、楽しい時間を過ごすことができました。

地元集落の方も、「弘法イモ」のえごま和えを作って来てくださって、美味しくいただきました。

岐阜県支部の皆さん手作りお弁当と「弘法イモのえごま和え」(下段真ん中)

地元の越波村の村長さんや後藤さんが話してくださったことも入れてくださいませませ。地元の方々や参加者の皆様と交流し、充実の時間を過ごしました。

越波村の皆さん、参加者の皆さんと

紅葉がまさに見頃!色とりどりに染まったトラスト地のなかへ!

お昼ご飯の後はいよいよトラスト地見学です。1週間前に下見に来たときは、まだ紅葉までもう少しという感じでしたが、11月8日は紅葉真っ盛り。車で林道を抜けていくときも黄色や赤に彩られたアーチの中をずっと走っているようで、とても美しい森の姿を皆様にご覧いただくことができました。

 

見学コースは、高さ20mほどの三段滝、樹齢300年以上のトチ、カツラの巨木、トラスト地が一望できる場所へのハイキングです。

 

お参りすると病気が治るという三段滝から豊富に湧き出す水は、まさに「水源の森」を体感することができます。近年自然の森でも下層植生が消えている場所は多くみられますが、ここはある程度の下草もまだ残っていて、植物の種類も多い場所なので、目を楽しませてくれました。

三段滝

その後、樹齢300年以上のトチ、カツラの巨木を見学しました。雨上がりだったからか、10m以上離れたところからもカツラの特徴でもある砂糖を焦がしたような甘くこうばしい香りがしていました。トチノキの大きく立派な幹に触れると、何百年も生き抜いた木の迫力や時の流れを感じました。巨木が持つ生命力と癒しの力は、私たちの心と体に力を与えてくれるような気がしました。

カツラの木の下で

トチノキ、登れます

 

最後は20分程度の登山をして、トラスト地を上から一望できる場所に行きました。そこは、黄色や金色、燃えるような朱色など、色とりどりに染まった絶景が広がっていました。地図を見ながら三段滝の場所や松葉さんのお話に出てきた場所なども確認し、トラスト地の広さを目の当たりにしました。

トラスト地一望地点にて

解散前には、根尾谷の天然記念物「菊花石」を販売しているお店「一石庵」に立ち寄り、菊花石の説明をいただきました。自然にできた菊の模様はすべて一点ものです。参加者の皆様ご存じでない方が多く、初めて見る菊花石を楽しんでおられました。

参加の皆様から「紅葉のベストタイミング!」「松葉さんのお話が聞けたのはよかった」「岐阜の自然のすばらしさに感動した」など感想をいただきました。

日帰りではありましたが、根尾の大自然と紅葉にふれ、地元の方々と交流し、感動の一日になりました。

今後も楽しい企画をしていきたいと思いますので是非ご参加ください!

愛知県初のトラスト地 (56.68ha) 誕生!~北設楽郡東栄町~

愛知県で初めてのトラストに成功しました!

9月29日に契約を終え、愛知県の山林を取得しました。

今回取得した愛知県東栄町の山林は、天竜川の源流域です。

東栄町トラスト地

 

トラスト地全景

 

東栄町は総面積の9割以上が森林、その森林の8割がスギ・ヒノキなどの人工林が占めているのですが、今回取得した山林は6割近く自然林が残っている貴重な場所です。

また、静岡県の佐久間トラスト地からは直線距離にして20kmの場所に位置しています。

購入資金には、豊かな森を開発等から守りたいという一般市民からいただいた寄附金を使わせていただきました。トラスト地は今後、当財団と日本熊森協会愛知県支部が協力して管理・保全を行うと共に、人工林部分に関しては天然林化し、水源の森として、また、動植物の貴重な生息地として次世代に引き継いでまいります。

 

愛知県庁にて水源を守ることの大切さを訴えました!

愛知県庁にて記者会見をおこない、当財団の活動理念や、水源を守ることの意義など記者の皆さんに伝えました。

会見の場には5社の記者さんが来られ、熱心にお話を聞いてくださいました。

 

記者会見の様子

 

これからこの森を守っていく日本熊森協会愛知県支部の平子支部長や会員の皆さんと一緒に記者会見しました!

 

今年もトラスト地ツアー開催します!

今年もトラスト地ツアーを開催します。コロナ感染防止のため、現地集合現地解散での開催となります。

今回のツアーは、岐阜県本巣市の根尾越波トラスト地(2018年57ha、2019年175ha取得)です。拡大造林の時代であっても、山主の方が、広葉樹林として守りたいという強い思いを持っておられたため保全された貴重な天然林です。トラスト地内には、トチやカツラの巨木、そして豊かな水源地を象徴する三段滝などみどころがあり、美しい紅葉も楽しみながら歩いていただけたらと思います。

写真は夏におとずれたときのものです。

立派なオオトチ

三段滝

<日時>     2020118(日) 10:00(集合)~16:00(解散)

<目的地 >    岐阜県本巣市根尾越波トラスト地

<集合場所>     岐阜県本巣市根尾分庁舎根尾総合支所 駐車場(岐阜県本巣市根尾板所625-1)

*マイカーでの集合が難しい方はご相談ください。

<解散場所 >    根尾越波トラスト地

<定員 >    20名

<服装>     長袖、長ズボン、帽子、山歩きできる靴、手袋

<持ち物>    昼食 水筒 タオル 雨具 その他各自必要なもの

<ツアー行程>

10:00本巣市根尾分庁舎集合 → 11:00根尾集会所 → 12:00昼食 → 14:00三段滝見学 → トチノキ・カツラ見学 → トラスト地登山(1時間程度) → 16:00下山・解散

<お申込み・お問い合わせ>

ご不明な点などございましたら、公益財団法人奥山保全トラストまでお問い合わせください。可能であればFAXかEmailでいただけたらと思います。保険加入の関係上ご参加お申込みは10月30日までにお知らせください。

<TEL/FAX> 0798-34-0980 <Email> contact@okuyamatrust.org

(担当:今井 村上)

守りたい!モリアオガエルの池

2010年に取得した三重県大台町にある池ノ谷トラスト地(408ha)は、日本一の清流としても知られる宮川の源流部に位置する、まさに水源の森です。

 

トラスト地内にあるモリアオガエルの繁殖地は県の天然記念物にも指定されています。

初夏、モリアオガエルの産卵の時期になると不思議と泉が湧き出し、泉周辺の樹々にモリアオガエルが白い卵塊を産み付けます。そして、ふ化したオタマジャクシは、雨とともに泉に落ちていきます。毎年、梅雨の時期に見られる自然の神秘です。

 池が土砂で埋まっていく、、、

トラストした当時から、この池が徐々に土砂によって狭くなっていることが心配されていました。購入当時に比べて、土砂が入ってきたことで、30%程度池の面積が狭くなっています。上流部の植林が原因ともいわれていますが、本当の原因はわかりません。

どうすれば池が埋まってしまうのを止められるか、地元の方や、当財団の理事でもある地盤工学の専門家と話し合いました。

 

多雨地帯としても知られる大台町。池ノ谷トラスト地においても、大雨が降った時に狭い範囲に雨水が流入すると、勢いが強くなり、土砂を押し出してしまうのではないかと考えられます。そこで、できるだけ雨水が流れる範囲を広くして、勢いを弱くしようと考え、立木を利用した木柵を設置してみることにしました。できるだけ人工物は持ち込まず、現場にあるスギの立木と大きめの石を使って柵を作ります。

 

7月13日、小雨が降る中、工事内容の最終の確認をするため、トラスト地に向かいました。

この日はヒルがたくさん出ました。今までに何度かトラスト地を訪れたことがあり、ヒルがいるとは聞いていましたが、こんなにヒルに出会ったのは初めてでした!少し立ち止まると、長靴を上ってきます。足踏みをしながら現場確認を行いました。

現場でどのスギを伐るか検討

 

大台町の大森町長と森本副町長を訪問

5月30日に日本熊森協会の三重県支部が行った植樹会が中日新聞にカラー写真と共に掲載された記事をご覧になったことから、大台町の副町長さんからご連絡をいただきました。

7月13日は午後から大台町役場を訪れ、大台町の大森正信町長さんと森本哲生副町長さんにお会いしました。なんと副町長さんは、元国会議員で、日本熊森協会の前会長と色々語り合った仲だということがわかりました。

「ぜひ大台町でも『放置人工林の天然林化』に取り組んでいただきたい」と訴えに行ったのですが、その重要性についてはよくご存じで、「三重県知事にも天然林化の必要性は数日前に伝えたところ」と言われました。紀伊半島の人工林分布図やパンフレットを用意していきましたが、全く必要ありませんでした。

大台町役場訪問
中央左大森町長、中央右森本副町長

大台町は森林率も高く、天然林化に向けて町として動いてくだされば、全国に先駆けての天然林化のすばらしいモデル地区になると思います。

今後も色々相談しながら、水源となるトラスト地の保全、そして天然林化活動に取り組んでいきたいです。

 

緊急事態宣言解除を受け、活動を再開しました!

新型コロナウィルスによって影響を受け辛い日々を過ごされているすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今、暮らし、経済、社会のさまざまな側面が、大きな変化と試練にさらされています。現在の状況は、自然環境の破壊、環境汚染を推し進めてきた人間への自然界からの警告、警鐘ではないかと思わずにはいられません。その中で、私たちは、ナショナル・トラストによる環境保全、野生生物や生物多様性の保全に一層取り組んで、この問題の解決に貢献したいと思いを強くしました。

感染防止を図りながら、以下のことに取り組みます。

1、新規トラスト地の開拓 新規トラスト地の取得の際は必ず現地の視察・調査を行っています。情報収集はwebや電話、メールで行いながら、時期を見て現地へ足を運びます。

2、既存のトラスト地の管理・保全 地元の協力者と連携しトラスト地の状態を確認します。また可能なところには現地に行き、トラスト地の保全・管理活動を行います。

3、環境保全の啓蒙 webなどを通した情報発信、少人数での集まりによる研修、できる形でのトラスト地ツアーの企画を工夫します。

 

大変な状況の中、今も変わらず私たちの活動をご支援くださっている皆さま、本当にありがとうございます。奥山保全トラストもこの厳しい状況の解決に貢献できるよう努力してゆきます。今後も応援していただきますよう、お願い申し上げます。

 

公益財団法人奥山保全トラスト

理事長  米田 真理子

緊急事態宣言に対応しテレワーク中心に切り替えます

緊急事態宣言発令の事態となりました。大変な思いをしておられるみなさまには心からお見舞い申し上げます。

早期終息のためには、とにかくウイルスを広げないことが重要です。

交通機関を通じて出勤せねばならない仕事をされている方もたくさんおられますが、それぞれが置かれた状況の中で、感染を広げない努力をすることが大切と考え、当財団も、感染拡大防止のため、当面はテレワーク中心の業務に切り替えることにいたしました。

お電話でのお問い合わせは、以下の番号におかけください。

090-1073-0980
なお、メールでのお問い合わせには通常どおり対応しています。

御不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

状況を見ながら、再開時期を検討し、また、HP等でお知らせいたします。

緊急事態宣言下で活動は制約されていますが、新型コロナウイルス終息後の社会を見据え、スタッフ一同、今できること、しなければならないことに取り組んでいきます。

危機を乗り越え、全国のみなさまとともに、豊かな森再生や野生動物保全に思う存分取り組める日が一日も早く来ることを心より願っています。

公益財団法人 奥山保全トラスト

理事長 米田 真理子

戸倉トラスト地に冬が訪れ、防鹿柵のネット降ろし作業を行いました

戸倉トラスト地は2006年購入時、120ヘクタールの山林のなかで12ヘクタールがスギの人工林でした。しかし、2017年秋から兵庫県県民緑税を活用して、0.78ヘクタールの人工林を皆伐し、2019年12月に野生動物の食料となる、ヤマザクラ、コナラ、ミズナラ、クリなど400本の苗木を植栽しました。シカが多い地域なので、皆伐地の周囲を長さ約500メートル、高さ2メートルのシカ柵で囲っています。しかし、冬の積雪が最大2メートルを超える戸倉は、毎年冬季に雪の力で防鹿柵が倒されます。

そこで今年から、雪の積もる期間だけ、ネットを降ろして雪の抵抗をなくす取り組みを始めました。

しかし、今年は異常な暖冬でなかなかネットを降ろすタイミングがきません。雪がない状態でネットを降ろしてしまうと、苗木をシカに食べられてしまう恐れがあります。毎日のように気象庁の積雪アメダスと兵庫県の道路ライブカメラをにらめっこしました。そして、2月5日、アメダスには積雪が30cmになったとの表示が出ました。

 

2月6日、現場に到着すると、積雪は37cm!雪のない冬になってしまうのではと心配でしたが、戸倉トラスト地は、これまで最も遅い冬を迎えました。

 

 

苗木もすっぽり雪に埋もれているものもありました。作業中も降りやまぬ、雪です。

しかし、ボランティアの方にもご協力いただき、無事に作業を終えました。

 

写真上:作業前のネットの様子

写真下:作業後のネットの様子

これから野生動物たちがすむ豊かな森になっていくのが楽しみです。

これで雪の重みで折れることはないと安心して、約1ヶ月。

3月3日、そろそろフェンスをあげてもいいのではないか、とボランティアさんたちと戸倉へ再び行ってきました。

すると…

まったく積雪がありませんでした。そして事業地の中にはシカの糞や足跡の痕跡がいたるところにありました。

肝心の苗木はと言うと、芽が残っているものはごくわずかで、食べられた痕跡が全体の約6割から7割という惨状…。

今年の冬は、暖かくなったり寒くなったりとにかく予測がしにくい冬で、積雪がまたあるのかもしれないという私たちの予測は外れてしまいました。残った苗木をしっかり育てるとともに、広葉樹林化の取り組みを今後も続け、現地の情報をみながら、よりいっそう気をつけて管理していきたいと思いを新たにしました。

岐阜県で4か所目の水源の森175haを購入!

12月6日岐阜県本巣市根尾越波で175haの水源の森を購入しました!

 

今回購入地した場所

山主さんの想いで守られてきた天然林

今回の購入地は、約98%が天然林の巨木の森。大白木山(おじろぎやま)からの湧き水を源流とする滝や沢があり、根尾川を通じ揖斐川へ流れています。標高の高い部分はブナ・ミズナラ林となっており、現地調査の際はクマの痕跡も発見しました。

下層植生もある程度繁茂している、まとまった広さの広葉樹林で生態系保全上も重要な場所です。これだけの広さの天然林が残ったのは、山主の方が人工林を造ると山が荒れると考え、スギ・ヒノキの植林をせず守ってきたからです。

岐阜県内では、今回の175haに、これまでに取得した高山市奥飛騨温泉郷82ha、大野郡白川村43haと、昨年取得した本巣市57haを合わせ合計357haとなります。いずれも原生的な自然が残る場所であり、様々な野生動物が生息する貴重なエリアです。

 

岐阜県の森林は861,978ha、そのうち45%が人工林ですが、林業不振により人工林の多くは放置され、山の保水力低下、豪雨の際の土砂災害、野生動物たちの生息地破壊、花粉症患者の激増など様々な弊害をもたらしています。今回トラストする森林は、いずれも拡大造林を免れた貴重な天然林で水源・生物多様性保全、災害防止の観点から、次世代へ引き継いでいくべき重要な場所です。

 

今回購入した根尾越波の山林

当財団は国内林業を振興させると共に、残された広葉樹林を守り、奥山など林業に不向きな場所に造林された人工林は、森林環境税などを使って、保水力豊かで災害にも強い天然林に戻していくべきだと考えています。

トラスト地を流れる沢

記者会見でトラスト地購入を報告

同日、岐阜県庁にて記者会見も行い、テレビ局はじめ報道各社取材いただきました。地元の支援者の方々も同席し保全の意気込みを語ってくださりました。

記者会見の様子

関東初トラスト!群馬県多野郡上野村15.7ha購入

関東初となる群馬県多野郡上野村15.7aの森林をトラストしました。今回取得した上野村の山林は、利根川水系の神流川(かんながわ)の水源の森です。
「関東で水源の森のトラストを」ということは私たちの念願が叶い、本財団が所有するトラスト地は18か所2115.7haとなりました。
 
7月30日には、上野村を訪れ、黒澤八郎村長にお会いしました。
世界遺産に登録された富岡製糸場にも近い上野村は、小さいながらも、その総面積の9割以上が森林という自然豊かな村。平成の名水百選に選ばれた神流川が村の中心を流れ、山林にはクマをはじめとする多様な生物が生息しています。黒澤村長は、そんな上野村の豊かな森林を保つために誠実に取り組んでおられる方でした。
関東初の水源の森のトラストがこの上野村でできたこと、今後も水源の森の重要性を発信していきたいということなどをお話させていただきました。

 

上野村の黒澤村長と米田理事長

7月31日には、群馬県庁にて、トラストの管理をお願いする、日本熊森協会群馬県支部の方々と一緒に、記者会見をさせていただきました。
この上野村のトラスト地を次世代に引き継げるよう永久保全していくとともに、群馬でそして関東で、今後も水源の森、生物多様性の森の重要性を広げていきたいと訴えました。
8月に入りました。暑い夏、8月は一年で水の使用量がもっとも増える月、その最初の1日、8月1日は「水の日」、そしてこの日を初日とする一週間は「水の週間」です。毎日安心して水を使うことができ、大雨や台風などの災害から守られていることは、森林が何より大切です。
今後も、水源の森の重要性を広め、水源の豊かな森を次世代へとつなげていきたいと思います。
水ジャーナリストの橋本淳司さんがyahoo ニュースの記事にしてくれました!
 
群馬テレビで放映されました!
 

上毛新聞に掲載されました!

乙父トラスト地全景