モリアオガエルが出迎えてくれました!6月1-2日第5回トラスト地ツアー報告

6月1日2日、三重県大台町池ノ谷トラスト地ツアーを開催しました。

現地集合の方を含めた総勢41名での1泊2日旅は全国屈指の多雨地帯にも関わらず、お天気にも恵まれ充実したものになりました。今回の目的は、2010年に全国の皆さんから寄付を募ってトラストすることに成功した池ノ谷トラスト地(408ha)を散策すること、同時に購入した吉野熊野国立公園内に位置する父ヶ谷トラスト地(268ha)を眺めること、そして尾鷲で、生物多様性を保ちながら林業経営をされている速水林業様の山林を見せていただくことでした。

一日目の午前9時20分、新大阪駅に北は千葉県から南は福岡県まで、全国からの参加者が集まってくださいました。バスの中では当財団理事長のあいさつに続き、室谷前理事長からこのトラスト地購入経緯について、前の山主の方が、先代からの「山の上3割は伐らないこと」という言葉を守り続けたから人工林にならなかったことや、地元の方々の大切な水源地であるこの地を外国資本が購入しようとしていたこと、それを守るため当財団が動いたことなど説明がありました。

続いて参加者の皆様から自己紹介をいただきました。池ノ谷トラスト地購入の際にご支援いただいた方や、モリアオガエルや不思議な池をずっと見たくて参加した、という方など池ノ谷トラスト地への強い思いを持たれていた方がいらっしゃいました。

 

 樹上にぶらさがるいくつもの卵塊とモリアオガエル、そして「水源」!

トラスト地に到着し、どこからどこまでがトラスト地かを現地をみながら地図で確認した後、歩き始めました。三重県は60%を超える人工林率で、トラスト地周辺もたくさんの人工林が残る地域。大雨で土砂崩れもしばしば起きる地域ですが、トラスト地の大部分は、植林されることなく、自然植生が残っています。カシやシイなどの照葉樹林帯が広がる山には自然に生えてきたスギの稚樹も育っています。

スタッフは、モリアオガエルに会えるか、卵はみれるか、ということが最大の懸念事項で、とにかく池に着いたら卵とカエルを探さなければ!と思っていましたが、全く無用の心配でした。池につながる橋に一歩足を踏み入れるや、樹上にはいくつもの白い卵塊が、そして橋の下には何匹ものモリアオガエルがくっつきあっていました。参加者は夢中で写真をとっていました。その後、池の周りを散策し、池が湧き出ているところを観察し、「水源」を見ていただきました。

樹上のモリアオガエルと卵塊

 

池ノ谷トラスト地内で

池ノ谷からバスに乗り15分ほど移動し、宮川ダムから父ヶ谷トラスト地を一望しました。池ノ谷と同じ山主さんから購入したこの地もやはり奥山に自然植生が残っていて、国立公園の一部である話こと、奥には国有林が広がっていることなど皆さんにお伝えしました。

 

水源の危機を伝えなければならない

宿泊場所は、自然に囲まれた温泉がある山荘、奥伊勢フォレストピアです。懇親会を兼ねた夕食会では、地元の食材を使ったバイキングを貸し切りの会場で楽しみました。懇親会では、いつもご支援くださっている映画監督の白鳥哲氏がツアーにご参加されていたので、お話くださいました。池ノ谷トラスト地で監督が撮られた「水源」という短編映画を皆さんにご覧いただきました。白鳥監督の、「水源が失われていることを早くもっと多くの人に知らせなければならない」「奥山保全トラストに今後も協力していく」という言葉にスタッフ一同とても力をもらいました。

 

生物多様な林へ

二日目は、フォレストピアから1時間ほど南に移動し、尾鷲ヒノキを中心に林業をされている速水林業様の大田賀山林を見学に行きました。日本で初めての世界的な環境管理林業の認証であるFSC認証(森林管理協議会)を取得され、2018年には天皇杯を受賞された9代目社長の速水亨氏による座学のあと、光が入り林床植生もしっかりとした山林を見せていただきました。

速水氏による講義は盛りだくさんの内容でした。日本の林業の問題から、いかに日本という国は、生産地に責任を持っていないかという話や、外国での森の考え方と日本の森の考え方などお話しいただきました。

速水林業 大田賀山林内

帰りのバスの中では、参加者の皆さんにツアーの感想を述べてもらいました。

「モリアオガエルにも会えたし、水がわく場所も見れて大満足でした。」

「とても心地よい時間でした」

「奥山保全トラストさんが大切な活動をしていることがよく分かった。」

「心から(財団の)活動を応援したいと思った。」

 

など参加者の皆様もご満足いただけたようでよかったです。

この度のツアーは早々に定員いっぱいになってしまい、参加希望の方を皆さん受け入れることができず大変申し訳なかったです。

毎年、ツアーの開催は行っていきますので、今回ご参加いただけなかった方も、次回お待ちしています。

来年のツアー場所は未定ですが、また楽しく充実したツアーを開催していきたいと思います。是非ご参加ください!

Comments are closed.