富山のトラスト地とその現状

富山県には、中新川郡上市町と魚津市島尻の二つの地域に近々当公益財団法人が所有することになるトラスト地があります。現在どのような状態なのか視察・調査に行きました。

 

(1)島尻トラスト地 2ha

4月29日、現地にくわしい富山市在住の方に、朝から案内をしていただきました。このトラスト地は、広葉樹の苗木畑にしようと購入したもので、10数カ所に点在しています。

IMGP1159

地図と照らし合わせて、位置確認をしている様子。

IMGP1172

トラスト地の一部。スギの人工林だが、それほど密集しておらず、林床には落葉低木や草本類が侵入しており良い状態であった。

散在するそれぞれのトラスト地の境界が分かり易いように、トラスト地の木にテープを括り付けてきました(下写真)。

IMGP1193

 

(2)上市町のトラスト地 670ha

午後から、上市町のトラスト地に行きました。現地に詳しい滑川市在住87才の方に案内をしていただきました。

上市トラスト地は、人里から離れた「奥山」にあり、全670ha(1ha=100m×100m)もの広大な広さを持っています。

標高差は1061mもあります。(一番高いところの標高は、1420m白越岳)

めったに人が入らない場所です。

山頂には少し雪が残っており、絵のように美しい山々でした。

IMGP1225

上市トラスト地(遠景)

この辺りは、北アルプス北部の山塊の一部で、斜度が60°を超える斜面をもつ深い渓谷が複数刻まれています。

林道も途中で止まっており、これ以上奥へは入るのも難しい場所がたくさんあります。

 

翌30日には、山奥の視察・調査を実施するため、朝から林道伝いに歩いて入山しました。トラスト地の中は、ハンノキやヤシャブシ、イタドリ、ヤナギ類、シダ類などの始原性の植生が繁茂し、林道のそばには、トチノキの巨木が時折見られました。カモシカやウサギなどの動物たちのフンも少し見ました。

IMG_8393旧林道

林道の様子。ヤシャブシやハンノキの低木、ササなどが繁茂している。車は通行できず、枝をかき分けながら歩いた。

IMGP1262

4月の最終日であるが、日陰にはいまだ多くの残雪が見られた。

今回の調査で目撃した動物は、予想していたよりもはるかに少なかったです。大型哺乳類はカモシカ1頭のみで、あとは、カエル、ヘビ、トカゲが少しぐらいです。

IMG_8438

カエルの卵。冬眠から目を覚ましてから生んだと思われる。

IMG_8395カモシカ糞

カモシカの糞と思われる。内容物は繊維質。

 

クマの痕跡を楽しみにしていったのですが、意外なことに、丸1日歩いても、全く見られませんでした。上市トラスト地は、ナラ枯れが深刻で、ミズナラが大量に枯れていました。これでは、クマの食糧が心配です。

 

上市トラスト地は広大なので、もう少し林道から外れた場所の調査も必要であると思いました。

IMG_8429

上市トラスト地内の滑滝(なめたき)。雪解けのこの時期には、こうした滝がいくつもできる。

上市トラスト地は、生態系豊かな富山湾にそそぐ河川の水源となる場所です。この水は、多くの動植物の命を支えます。この水源地を守ることは、たくさんの生命を守ることに等しい。この場所をこれからも守っていきたいと思います。

Comments are closed.