岐阜県で4か所目の水源の森175haを購入!

12月6日岐阜県本巣市根尾越波で175haの水源の森を購入しました!

 

今回購入地した場所

山主さんの想いで守られてきた天然林

今回の購入地は、約98%が天然林の巨木の森。大白木山(おじろぎやま)からの湧き水を源流とする滝や沢があり、根尾川を通じ揖斐川へ流れています。標高の高い部分はブナ・ミズナラ林となっており、現地調査の際はクマの痕跡も発見しました。

下層植生もある程度繁茂している、まとまった広さの広葉樹林で生態系保全上も重要な場所です。これだけの広さの天然林が残ったのは、山主の方が人工林を造ると山が荒れると考え、スギ・ヒノキの植林をせず守ってきたからです。

岐阜県内では、今回の175haに、これまでに取得した高山市奥飛騨温泉郷82ha、大野郡白川村43haと、昨年取得した本巣市57haを合わせ合計357haとなります。いずれも原生的な自然が残る場所であり、様々な野生動物が生息する貴重なエリアです。

 

岐阜県の森林は861,978ha、そのうち45%が人工林ですが、林業不振により人工林の多くは放置され、山の保水力低下、豪雨の際の土砂災害、野生動物たちの生息地破壊、花粉症患者の激増など様々な弊害をもたらしています。今回トラストする森林は、いずれも拡大造林を免れた貴重な天然林で水源・生物多様性保全、災害防止の観点から、次世代へ引き継いでいくべき重要な場所です。

 

今回購入した根尾越波の山林

当財団は国内林業を振興させると共に、残された広葉樹林を守り、奥山など林業に不向きな場所に造林された人工林は、森林環境税などを使って、保水力豊かで災害にも強い天然林に戻していくべきだと考えています。

トラスト地を流れる沢

記者会見でトラスト地購入を報告

同日、岐阜県庁にて記者会見も行い、テレビ局はじめ報道各社取材いただきました。地元の支援者の方々も同席し保全の意気込みを語ってくださりました。

記者会見の様子

Comments are closed.