新緑のトラスト地を満喫!広葉樹の森復元になるほど!第4回トラスト地ツアーin 戸倉

5月26ー27日兵庫県の戸倉トラスト地ツアーを開催しました。戸倉トラスト地は兵庫県の宍粟市波賀町という場所に位置し、スキー場が近くにあるほどの豪雪地帯です。5月はベストシーズン。天気もなんとかもち、曇り空の中総勢24名で向かいました。

1日目  戸倉トラスト地を一望

1日目は戸倉トンネルの手前から旧29号線に入り、赤谷山登山口から登りました。赤谷山の頂上付近から当財団のトラスト地に入り、頂上からは戸倉トラスト地が一望できます。登山口から頂上までは距離はそれほど長くはありませんが、傾斜が急な場所もあり、普段登山に慣れていない人にはきつかったと思います。健脚コースと楽ちんコースに分けましたが、参加者のほとんどが健脚コースで約3時間の登山を完遂しました。

 

標高1000メートルぐらいまで、右手に人工林、左手に自然林を見ながら歩いていきます。目線の高さは茶色一色、上を見上げると濃い緑色の葉がついているスギ・ヒノキの人工林に対して、ブナやミズナラ、カエデ、タムシバなどの広葉樹が様々な高さで生えている自然林はとても美しく見えました。

 

頂上に近づくにつれブナが多くなり、ササが地面を覆うようになります。最後のきつい傾斜を登りきると360度見渡すことができ、遠くの山々まで新緑の緑が広がっていました。

トラスト地全景

楽ちんコースは5名で鳥の鳴き声を聞いたり、ゆっくり山の空気を楽しみながら進みました。色々なお話をしながら進みました。楽ちんコースのゴール、「クマの爪痕がついたブナの木」も話しながらだったのであっという間に到着しました。

ブナの木についた無数の爪痕に感激!

 2日目 広葉樹の森復元現場をご案内

2日目は朝から、日本の滝100選にも選ばれている原不動滝を訪れ、イヌブナの原生林から湧き出る名瀑を見ていただき、自然の森にいかに豊富な水が蓄えられているのか、実感して頂きました。

次に、地元の原集落と共に、野生動物のために自然林復元に取り組んでおられる原観光りんご園を訪れ、植樹地や、皆伐地を見学しました。ここでは、一般財団法人日本熊森協会も一緒に森づくりをしており、皮むき間伐や、植樹のイベントをしています。

 

2日目のお昼前からは戸倉トラスト地の沢沿いから中に入りました。昨年より始まったトラスト地で行われている兵庫県の補助金事業、野生動物共生林事業による整備後人工林の様子を見ていただきました。事業では0.58haの人工林を皆伐していて、次は、広葉樹を植えて、野生動物がすめる森を復元していく予定です。皆伐地は斜面に植えられた人工林をバッサリと伐っているので、光がたくさん入っているのがわかります。

 

明るくなった皆伐地を見て、今後の森再生に期待

 

ツアーの一番最後には、広葉樹の森復元を体験してもらおうと、事前に鹿よけネットを張ったエリアに、参加者の皆さんでトチノキを記念植樹しました。

 

参加された皆さんは、「もっとトラスト地を増やしていくべきだと思った」「自然林と人工林を見比べながら歩くことができてよかった」「実際に森づくり体験ができてよかった」など喜んでいただきました。

トラスト地の雄大さ新緑のまぶしさ、不動滝の美しさ、森復元に取り組む原地区の人々の優しさなど心に響くもりだくさんの体験をしていただいたツアーとなりました。

また来年もお楽しみに!

Comments are closed.