第1回トラスト地ツアー開催!

11月1日、静岡県浜松市佐久間町にある財団所有のトラスト地でツアーを行いました。

このトラスト地がある、浜松市天竜流域は、人工林が75%という大人工林地帯です。その中でわずかに残っている広葉樹林帯を含め、294haを2006年に購入しました。今回のツアーでは、参加者の皆様に、この地で行われている大規模な自然林復元現場をご覧いただこうと企画しました。

当日は天候にも恵まれ、ハイキング日和となりました。浜松駅前からマイクロバスに乗り、一時間半ほどでトラスト地に到着です。参加者も様々で、兵庫や大阪、名古屋、一番遠い方は高知県からご参加くださった方がいらっしゃいました。

トラスト地に到着すると、佐久間森林組合の方々に大規模な間伐をしていただいている場所を見るため、山の中に入りました。半分ほど行ったところにとても明るく開かれた場所があり、8年ほど前に列状に間伐されたところでした。既に背の高い広葉樹も生えていて、自然林に戻っているのがよく分かります。

DSC_3992

それ以外にもヒノキやケヤキの巨木を見て頂いたり2年前の群状間伐跡地、ボランティアの方々で間伐してくださっている地点など見て頂きました。今はまだ植生が戻ってきているとは言えませんが、また数年後には広葉樹が生えてきて、復元されているのだろうと想像すると楽しみです。

DSC_4025DSC_4033

トラスト地は、開発から自然林を守るという目的で購入されているため、歩きやすい登山道があるわけではありません。道が悪いところもありましたが、参加者の皆さん全員が無事行程を終えることができました。

 

ツアーを終えて、「実際の保全活動の現場を見ることができて良かった」「トラスト地の広さに驚いた」「数年後にまたみにきたい」など様々なうれしい感想をいただきました。

Comments are closed.