10月11日、初の四国トラスト地誕生!

10月11日、四国で初めてのトラストに成功しました!

場所は、愛媛県四国中央市新宮町馬立の10ha(30,250坪)の山林です。当財団の所有トラスト地は、17か所2100ha(6,352,500坪)となりました。

 

愛媛県の人工林分布とトラスト地

 

全国有数の林業地帯となっている四国で、水源の森を守るために新たにトラストすることができたことは大きな意味があります。購入資金には、豊かな森を開発等から守りたいという一般市民からいただいた寄附金を使わせていただきます。取得したトラスト地は、日本熊森協会愛媛県支部を中心に水源の森として、動植物の貴重な生息地として、次世代に引き継ぎ永久に保全していきます。

今回購入した場所は、標高600m~790mで吉野川の源流域にあたります。50~60年前に人工林を伐採して再植林をしたのですが、手入れ不足で自然林に戻りつつあります。直径10cmほどのカシの稚樹が繁茂しているような雰囲気ですが、山林に接している国有林は広葉樹林なので、そちらから広葉樹の種も飛んでくるため、このままの状態を維持することで天然林に回復していくと考えられます。特に四国は植生の回復が早く、放置しておくだけで植生回復が見込めます。

 

馬立トラスト地

愛媛県庁で記者会見を行い、馬立トラスト地購入を報告しました!

この度のトラストについて、愛媛県庁で記者会見を行いました。

記者会見の様子

財団の室谷理事、主任研究員の家田、日本熊森協会の愛媛県支部の方々が、会見に臨みました。水源地の大切さや、当財団の活動の意義など記者の皆さんにお伝えすることができました。

Comments are closed.