戸倉トラスト地 人工林部分の広葉樹林化を行政と進める

兵庫県宍粟市の戸倉トラスト地は購入するときに約1割の10haほど人工林が含まれていました。その人工林部分を広葉樹林化していくために、2年前から兵庫県の補助事業である広葉樹林化パイロット事業を使って手を入れる計画を進めています。

兵庫県と森林組合と一緒に現地確認

5月18日、この日は兵庫県庁の職員と森林組合そして奥山保全トラストの理事長はじめ3名のスタッフで現地調査を実施しました。

パイロット事業は人工林部分の3割ほどを、定性間伐ではなく小面積で伐ることにより広葉樹林化を促していくものです。

伐採が終わった後に広葉樹を植えてシカ対策の防除ネットを設置するので、あまり奥地では作業できません。

さらに戸倉トラスト地は地元の水源となっているので川を汚すことができず、大型の重機を入れて伐採木を搬出することが難しい場所です。そのため今回は伐採木を搬出せずに地面に並べて、隙間に苗木を植えていくという方法をとります。

戸倉のスギは結構太い!

シマヘビが出迎えてくれました

ニリンソウ。少しずつ花が咲いてきてました。

ウワミズザクラも花が咲いていました

植樹地の苗木も開葉してきました

広葉樹林の緑がとても美しかったです

広葉樹林化パイロット事業は6月中旬から始まる予定です。広葉樹林化は時間がかかりますが、一歩ずつ進めていきます。

Comments are closed.