トップページはこちら

公益財団法人奥山保全トラスト

当財団は、「多種多様な生物からなる奥山水源域の天然林が開発
されることのないよう、市民が寄付を出し合い買い取り、保全する」
というトラスト運動を目的として設立された団体です。


この度、室谷悠子初代理事長に代わって、第2代理事長に就任しました。
 「自然保護は次の社会を担う若い世代が先頭に立って取り組まなければならない」
そういう思いで高校生の時から自然保護ボランティアに参加してきました。
大学院ではイギリス最大の自然保護団体であるナショナル・トラスト
(現会員数424万人)を研究し、2004年には訪英してナショナル・トラストの
職員と対談したり、広大なトラスト地を案内してもらう機会を得ました。
そうしたなかで日本にも国民的トラスト運動の流れを作りたいという思いを強くし、
これまで奥山保全トラストの副理事長として活動して参りました。 The creation of a thousand forests is in one acorn. -Emerson (一粒の木の実がいくつもの森を生む エマーソン)

皆様一人ひとりの善意を、豊かな森保全へとつなげ、本財団をいっそう力強く
展開させたいと思います。ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

第2代 理事長
米田 真理子

 

.png

.png